「トロイの木馬」とはどういう意味?ウィルスで有名ですが由来・語源はギリシャ神話でトロイ軍攻略の為に作った巨大な木馬との事。

先日業務内での事。

取引先担当者のパソコンにウィルスが入ってしまったとの事。
なんでも「トロイの木馬」といった種類のウィルスなのだとか。

よく聞く名称のウィルスですが、この「トロイの木馬」の語源・由来は何処から来ているのでしょうか?
なんとなくギリシャ神話系な気がしますが。。

ちょっと気になったので調べてみました。

「トロイの木馬」とはやはりギリシャ神話に由来していて、その昔、トロイ城という難攻不落の城があったとの事。正攻法では落ちない城を攻略するために知恵を絞ったギリシャ軍は、精鋭部隊を潜ませた巨大な木馬を作ったのだそうです。ギリシャ軍が撤退したと思ったトロイの軍勢は、残されていた巨大な木馬を戦利品として持ち帰り勝利を祝ったとの事。敵方が勝利にうかれ就寝した後、木馬に潜んでいた部隊がひそかに行動し、就寝中の兵士、要人達を次々に襲い、一晩のうちにトロイを陥落させた。との逸話なのだそうです。

コンピューター・ウィルスの場合もこの逸話のように、いつの間にかコンピューター内部に侵入され、「バックドア」と呼ばれる侵入経路を作られ知らないうちに悪用されている、といった挙動に例えられ、言われるようになった名称との事でした。

思っていたとおり、やはりギリシャ神話の逸話から由来していたのですね。パソコンを使う人、特に仕事で使用する方は、コンピューターのアップデートは必須、ウィルス対策ソフトも重要ですね。

インフルエンザも怖いですが、コンピューターのウィルスも大変怖いです。怪しいメール、怪しいウェブサイトにはくれぐれも注意が必要ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

コメントは承認待ちです。表示されるまでしばらく時間がかかるかもしれません。