「セカンダリー・サンクション」とはどういう意味?英語で「secondary sanction」と記述するとの事。

ラジオを聴いていると、ちょっと気になるカタカナ英語を耳にしました。

「やはりセカンダリーサンクションの効果を…」
「セカンダリーサンクション」。。

まったく意味が分かりません。早速調べてみました。

「セカンダリー・サンクション」とは英語で「secondary sanction」と記述して、簡単に言うと、二次制裁、との意味になるとの事。前半の「secondary(セカンダリー)」とは、部下、代理人、または、二次的な、二流の、といった意味になるとの事。後半の「sanction(サンクション)」とは、制裁、拘束、といった意味になるとの事で、合わせて、二次制裁、との意味になるらしいです。

なるほど。最近のちょっときな臭い世界情勢関連の話題だったので、そういった意味だったのかと納得しました。
まだまだ知らない文言がたくさんあります。人生毎日が勉強ですね。