「スイートルーム」は、甘いの「sweet」ではない!?正解は「suite」と記述するとの事。


先日から英語関連の事をチェックしている中でまたひとつ勘違いが判明しました。
ホテルなどで高級なお部屋の事を「スィート・ルーム」と言いますが、この「スィート」とは「甘い」の意味の「sweet」ではないとの事。

ええ!そうなの!?

正しくは「suite room」と記述して、「suite」とは、一式、一揃い、一組の、といった意味になるとの事。なんでも一式すべてがそろっている部屋ですよ、って感じの意味になる模様です。ちなみにこれは和製英語で、ネイティブの方は「suite」のみで表現して、「room」は付けずに使うのだそうです。

まさかまさか、優美で甘美で甘くてスィートなって事だと考えておりましたが全然違ったのですね。。
私のように間違えていらっしゃる方も多いようです。
またひとつ勉強になりました。