「シュプレキコール」は間違い?正解は「シュプレヒコール」との事。意味や語源は?

先日友人との会話内での事。

「それじゃあ皆で反対のシュプレキコールだ!」
「それって、【シュプレヒコール】の間違いじゃない?」
「え!!そーなの??」

と。
本当にそうなのでしょうか??
本当なら数十年間間違えて使っていたのですが。。

早速調べてみました。

友人に指摘された通り正解は「シュピレヒコール」で、語源はドイツ語で「Sprechchor」と記述して、スローガンを繰り返し唱和する、といった意味の他に、「シュプレヒコール劇」という同一の台詞を繰り返し進行する演劇手法もあるのだそうです。

ちなみに英語では「speaking choir(スピーキング・コーラス)」というのだとか。また医学や科学の分野で使われているドイツ語から由来して、カタカナ英語(カタカナドイツ語?)として定着している文言のひとつなのだそうです。

どうやら数十年間、間違って使っていたようです。
やっぱ持つべきものは友人ですね。指摘してもらって助かりました。

私はー、これまでー、間違っていたのだー!!
間違っていたのだー!!
友よー、指摘してくれてありがとー!!
ありがとーございますー!!

またひとつ勉強になりました。
人生日々勉強ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

コメントは承認待ちです。表示されるまでしばらく時間がかかるかもしれません。