「シックスサスフォー」とはどういう意味?「six sus four」と思ってましたが、英語で「successful」と記述するとの事。


引き続き通勤中の車内で自力でスピードラーニング継続中です。
以前から気になっていた文言なのですが、気になって気になって仕方ないので遂に本腰入れました。

「シックスサスフォー」。

「 six sus four 」と聞こえるのですが、これがどのように調べても答えにたどり着けません。
本当に気持ちが悪いので、今日こそは追及する覚悟で調べてみました。

Google先生に聞いたり他資料諸々調べたりして、結果ようやく判明しました。

「シックス・サス・フォー」とは英語で「successful」と記述して、成功した、良い結果、大当たり、大繁盛、盛大、といった意味になるのだそうです。カタカナで記述するとしたら「シクサスフル」が適当だったようで、はなから複数の単語で構成されていると勘違いしていた事もあって、まさかひとつの単語だったとは予想できませんでした。

「SUS4(サスフォー)」と言われるギターのコードや、「SUS」と表記されるステンレス製品の情報などばかりが出てきてかなり手間取りましたが、結果的には長年の謎が判明してこれまさに「successful(シクサスフル)」で大成功!
気合いして調べてみて本当に良かったです!人生日々勉強ですね。