「ゴマメの歯ぎしり」とはどういう意味?「ゴマメ」とは何?

新聞を読んでいると、見慣れないことわざを目にしました。

「いくらがんばってもゴマメの歯ぎしりといったところだ。」
「ごまめの歯ぎしり」??
「ごまめ」って何??

早速調べてみました。

まず「ゴマメ」とは、カタクチイワシの幼魚を乾燥させたものだそうです。
「ゴマメの歯ぎしり」とは、力の弱いものがどれだけ頑張ってもどうにもならない、どれだけ悔しがっても何にもならない、といった意味なのだそうです。

なるほど、なんとなく意味は理解できましたが、あまり良い言葉ではないですね。
ちっこいのがどれだけ頑張っても無理って、なんだか救いがない感じですよね。
ゴマメ的にならないよう、日々毅然と生活していければと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

コメントは承認待ちです。表示されるまでしばらく時間がかかるかもしれません。