「コラレタル・ダメージ」とはどういう意味?「collateral damage」と記述するとの事。

引き続き、通勤の車中で自力でスピードラーニング継続中です。
本日またひとつ耳に残る語句がありました。

「… コラレタルダメージ .」

「ダメージ」ってことなので、何かの被害、といったニュアンスなのかとイメージしますが。
ちょっと気になったので早速調べてみました。

「コラレタルダメージ」とは英語で「collateral damage」と記述して、前半の「collateral(コラレタル)」とは、相並んだ、付帯的な、直系でない、見返りの、担保、縁者、といった意味になるのだそうですが、一般的には、借金などの担保(たんぽ)の事を指すのだそうです。「collateral damage(コラレタルダメージ)」とした場合は、戦争時などに一般市民が巻き添えになる被害の事を言うとの事。
余談ですが、シュワちゃん主演の「collateral damage(コラレタルダメージ)」なる映画もあるとの事。

なるほど!何かの争いのニュースを伝えていたので、一般市民の巻き添え被害の事をいっていたのですね。
またひとつ勉強になりました。人生日々勉強ですね。