「ガラケー」とは何ですか?「ガラパゴズ携帯」を省略した呼び方なのだそうです。

最近、ニュースや紙面などで目にすることの多くなった「ガラケー」との語句ですが、私、「モバゲー」みたいな携帯用のコンテンツか何かかな、と、漠然とイメージしておりました。が、全然違う意味のようですね。

きちんと調べてみました。

「ガラケー」とは「ガラパゴズ携帯」の略で、ガラパゴス諸島で生息する、孤島ゆえに独自の進化を遂げた生物、動物に準えた、日本独自の環境下で、他国とは違う独自の仕様により、開発が進んでいる携帯電話端末の事だそうです。

日本国内なら便利な機能満載で、全く問題ないのですが、世界各国で受け入れられない仕様になっている為に、世界に向けて販売できないマイナス面を、ある種自虐的に表現しているスラングのようです。対局にいるのが、世界中で販売されているApple社の「iPhone」をはじめ、韓国のSamsung、台湾のHTC社、フィンランドのノキア社などが有名ですね。

日本の優れた技術が国内だけで完結しているのはとても勿体ないことで、今後外需に頼った経済成長しか見込めないわが日本にとっては、なんとしても海外向けに販路を広げられないことかと、全く関係ない業態に勤めながらも、危機感を感じてしまうのは私だけでしょうか。

—–
2013/11/4 訂正
「通りすがりの者」様にご指摘頂きました。以下追加訂正しました。
韓国のHTC社 → 韓国のSamsung、台湾のHTC社


2 thoughts on “「ガラケー」とは何ですか?「ガラパゴズ携帯」を省略した呼び方なのだそうです。”

  1. 通りすがりの者ですが、記事中にあるHTC社は台湾の会社です。
    韓国の会社ではありませんよ。
    因みに韓国で有名な携帯電話製造元はSamsung ElectronicsとLG Electronicsだと思います。

    1. 「通りすがりの者」様
      ご指摘頂き、ありがとう御座います。
      うっかり凡ミスにて失礼致しました。
      早速訂正しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*