「カストリ」とはどういう意味?酒粕を使った焼酎「粕取り焼酎」に由来するとの事。

雑誌を見ていると、ちょっと気になるカタカナ英語?を目にしました。

「このカストリ雑誌を…」
「カストリ」。。

どこかで聞いた事があるようなないような。。ちょっと気になったので早速調べてみました。

「カストリ」とは、粕取り焼酎と言われる酒粕から醸造される焼酎の名前から派生した俗称との事。「カストリ焼酎」とは原材料が不明、体に悪い、水で薄めている、といった粗悪な焼酎、との意味。そこから転じて、エロ・グロなどの内容を扱った雑誌を「カストリ雑誌」と言うようにもなったのだそうです。
本来の「粕取り焼酎」は決して粗悪なものでなく、九州を中心に一般庶民に親しまれたちょっと癖のある焼酎との事。酒粕から作られているので日本酒の香りもするのだとか。

ちょっと調べてみると、今でも酒粕から醸造される粕取り焼酎は販売されている模様です。
お酒好きな私としては、一度試してみたいですね。またひとつ勉強になりました。