「アレルギー」とはどういう意味?「Allergie」と記述するとの事。

先日同僚と話をしている際にちょっと気になるカタカナ英語が耳に残りました。

「娘が卵アレルギーで…」
「あー、大変だね。」

と、「アレルギー」って普通に使いますが、コレって本当はどういう意味なのでしょうか?
ちょっと気になったので早速調べてみました。

「アレルギー」とはそもそも「Allergie」と記述するドイツ語なのだそうです。1900年代にオーストリアの医師が発見した免疫不全の症状の事で、ギリシャ語を基にしてドイツ語風に作られた造語なのだそうです。
日本でも医療関連のカルテなどドイツ語で記述されるとの事なので、医療関連の文言に関してはドイツ語が共通言語になっているのでしょうかね。カタカタ英語かと思いきやこれまたドイツ語だったようです。

またひとつ勉強になりました。
人生日々勉強ですね。