「アルシオーネ」とはどういう意味?アルファベットで「Alcyone」と記述するとの事。

昨日に引き続き、スバルさんの車名で参りたいと思います。昨日のレオーネ、に関連してまた思い出しました。どこぞの有名なデザイナーさまが手掛けたデザイン、との事で有名だった記憶のある、スバル・アルシオーネ。早速調べてみました。

「アルシオーネ」とはアルファベットで「Alcyone」と記述して、その昔、ギリシャ神話に登場した人物の名前なのだそうです。そこからおうし座の中にある星にも名付けられているとの事。

なるほど、レオーネに関連して、ネコ科の猛獣、ヒョウとかパンサーとか、そういった動物かと一瞬想像しましたが、ギリシャ神話の登場人物だったとは、全然違った模様です。ちなみに有名なデザイナーと言うのは、イタリアの工業デザイナー、ジョルジェット・ジウジアーロで、他にもいすゞ117クーペやアルファロメオなどなど、いろいろな車のデザインをされている模様です。またジウジアーロ先生が手掛けたのは初代ではなく二代目の スバル・アルシオーネSVX になるのだそうです。

改めて調べてみると新たな発見があって面白いですね。人生毎日が勉強です。

[link] : アルシオーネ – Wikipedia
[link] : スバル・アルシオーネSVX – Wikipedia
[link] : スバル・アルシオーネSVX (1991年~) 名車?迷車?特集 -ちょっと懐かしい迷車たち2話 | 編集部特選記事 | GAZOO.com