「アバンギャルド」とはどういう意味?

ラジオを聞いていると、なんとなく知っているような知らないようなカタカナ英語を耳にしました。

「なんともアバンギャルドな感じで…」
「アバンギャルド」。。

斬新な、真新しい、といったイメージでおるのですが、これって本当はどういった意味なのでしょうか?
改めて調べてみました。

「アバンギャルド(アヴァンギャルド)」とはそもそもフランス語で「avant-garde」と記述し、いわゆる前衛的な美術・芸術の類いを指しているのだそうです。
元はフランスの軍隊用語で、先制攻撃などを行う軍隊の事を言っていたのだとか。革命との意味でも使われており、既成概念に捕われず斬新な手法で表現する芸術、との事で「アバンギャルド」と言われるようになったのだそうです。時代の先を行く芸術=前衛芸術、といったニュアンスですね。

なるほど、大凡理解していた意味で合っていたようです。
一見理解するのが難解な「前衛的」な芸術という事だったのですね。

またひとつ勉強になりました。
人生日々勉強ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

コメントは承認待ちです。表示されるまでしばらく時間がかかるかもしれません。