「ろくでなし」の語源とは?また本当の意味は?漢字で「陸でなし」と記述するとの事。


ラジオを聴いているとちょっと気になる文言が耳に残りました。

「本当にロクデナシですねー」
「ろくでなし」。。

確か以前調べたような気もしましたが改めて調べてみました。

まず先頭の「ろく」とは「陸」の事で、「陸」=「水平」「まっすぐ」との意味になるとの事。「陸ではない」と否定して、まっすぐじゃない、として、役に立たない者、呆けている者を指して使われるようになったのだそうです。
なるほど!「ろく」=「陸」でしたね。以前確か「ろくでもない」の「ろく」は何だって事で調べていたのを思い出しました。ちなみに「碌でもない」と記述される場合もあるのだけれども、こちらの「碌」は当て字になるのだそうです。

またひとつ勉強になりました。人生日々勉強ですね。

[link] : 「ろくでもない」の「ろく」とはどういう意味?またその語源は? – YAOYOLOG