「むべなるかな」とはどういう意味?

ラジオを聞いていると、ちょっと難しい文言を耳にしました。

「いやぁ、それはまったくムベナルカナですねー」
「むべなるかな」??

ちょっと砕けた感じで、古い時代の言葉を使っているのかとは思うのですが。
気になったのでちょっと知らべてみました。

「むべなるかな」とは「うべなるかな」とも言い、漢字で「宜なるかな」と記述するのだそうです。意味としては、もっともなことだ、まったくそのとおりだな、と、相手の意見に賛同する意味なのだそうです。

更に語源を調べてみると、10世紀までさかのぼるようで、当時の天皇、天智天皇が発した言葉が語源となっているのだそうです。天皇が狩りに出かけた際、元気で健康的な老夫婦を見かけ、その秘訣を尋ねたところ、ムベを食しているからと答えたところから由来しているのだとか。そもそもアケビ科の樹木で「ムベ(郁子)」なる木があるようで、これになる甘酸っぱい実があるのだそうです。これのおかげで元気なのです。なるほどそう言う事か。と言ったイメージでしょうか。

まだまだ知らない日本語がたくさんあります。
人生日々勉強ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

コメントは承認待ちです。表示されるまでしばらく時間がかかるかもしれません。