「まんべんなく」とはそもそもどういう意味?漢字で「満遍なく」と記述するとの事。

ラジオを聴いていると、ちょっと気になる文言が耳に残りました。

「全体的にまんべんなくかき混ぜて…」
「マンベンなく」。。

特に気にしないで普段使いしておりますが、この「マンベンなく」とはそもそもどういう意味になるのでしょうか?
「まんべん」が「ない」?

ちょっと気になったので早速調べてみました。

「まんべんなく」とは漢字で「満遍なく」と記述して、前半の「満遍」とはそもそも仏教用語で、平等、平均、といった意味になるのだそうです。そこから転じて、すべてに行き渡る、といった意味になったのだそうです。後半の「なく」は、否定している意味ではなく、強調する意味で付いているのだそうです。ちなみに「万遍なく」と記述するケースもあるとの事。

なるほど、そもそも仏教用語だったのですね。
またひとつ勉強になりました。