「ぶすい」とはどういう意味?

先日ラジオを聴いていると、聞きなれない言葉を耳にしました。

「ぶすい」?

早速調べてみました。

「ぶすい(無粋/不粋)」とは、微妙な情のやり取りが分からないこと。遊びが分からず、面白味のないこと。主に男女間の微妙な空気が読めないこと。と、いった意味のようで、「粋(いき)」の反対語ですね。

たとえば、3回目のデートで女の子と自分の部屋に二人きり。
ちょっとお酒も入って、時間も良い時間。
この先どうなるのか、お伺いを立てるのは「無粋な質問」です。

「ぶすい(無粋/不粋)」は、「ヤボ(野暮)」に言い換えても良いようですね。

男友達の家に遊びにたずねると、彼女が来客中。
のこのこあがってしまうのは「野暮(やぼ)」ですね。

ちなみに「野暮」に「天」を付けると、野暮の中の野暮。最上級の野暮といった意味になるようです。ちょっと前に「KY(空気読めない)」なんて言葉もありましたね。

人に気配りの出来る人間になれるよう、日々精進したいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

コメントは承認待ちです。表示されるまでしばらく時間がかかるかもしれません。