「ひょっとして」の「ひょっと」とはどういう意味?

ラジオを聴いているとちょっと気になる文言が耳に残りました。

「○○さん、ひょっとして病気なのでは…」
「ひょっとして」。。

もしかして、と同様の意味なのはもちろん理解していますが、この「ひょっと」とはどういう意味なのでしょうか?
どういった事が語源、由来しているのでしょうか?

気になったので早速調べてみました。

まず意味としては「ひょっとして」「ひょっとしたら」とすると、もしかしたら、万が一、といった意味になるとの事。前半の「ひょっと」とは、突然に、といった意味もあるようで、元々は、不意に出てくる様を音に例えた擬態語になるのだそうです。

なるほど、不意に思う事がニュツと顔を出した、といったニュアンスでしょうか。
日本語には音に例えた擬態語が元になっている語句が意外と多いですよね。
意味となると、その時のイメージになるのでしょうね。
表現の幅が多い日本語って奥が深いですね。
またひとつ勉強になりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

コメントは承認待ちです。表示されるまでしばらく時間がかかるかもしれません。