「ひきこもごも」とはどういう意味?「悲喜こもごも」と記述するのだそうです。

ラジオを聞いていると、ちょっと気になる四字熟語?を耳にしました。

「なんとも人生ひきこもごもといいましょうか…」
「ヒキコモゴモ」。。

前後の話から、人生は色々なことがある、といった意味になるのかとは想像出来ますが本当はどういった意味になるのでしょうか?また漢字ではどのように記述するのか?

ちょっと気になったので早速調べてみました。

「ひきこもごも」とは漢字で「悲喜こもごも(悲喜交々/悲喜交交)」と記述され、意味としては、悲しみも喜びも代わる代わる体験する、といった意味になるのだそうです。
また誤用が多いようで、試験結果や選挙結果などの合格不合格に対して、人によって結果は悲喜こもごも、などと複数の人に対して使うのは間違いなのだそうです。正しくは、財布を落としたと思ったら宝くじが当たった、といったようにひとりの人に対して使うのだそうです。

今時期は段々暖かくなってきて嬉しいですが花粉症の辛さもあり、嬉しいような辛いような。これも「悲喜こもごも」と言えるでしょうか?
まだまだ知らない日本語が沢山あります。人生日々勉強ですね。