「ぬれねずみ」とはどういう意味?また何故、なんでネズミなのでしょうか?

雑誌を読んでいると、ちょっと気になる文言を目にしました。

「ゲリラ豪雨ですっかりぬれねずみ。」

「ぬれねずみ」・・・

なんとなく「びしょ濡れ」という事かとは思うのですが、これって何でネズミなのでしょうか?ネコとかイヌではダメなのでしょうか。

気になったので調べてみました。

「ぬれねずみ(濡れ鼠)」とはやはり、びしょ濡れ、との意味で、なぜネズミかという事にはあまり明確な情報を探せなかったのですが、ずぶ濡れになって凍える様、震える様の情けなさを比喩する対象として、ネズミが一番ベターだったのかなと思います。「濡れ猫」とか「濡れ犬」と言うとなんとなく痛々しそうで可哀そうな感じがしますが、ネズミなら情けなさが丁度ハマりますね。

自分もたまに自転車やバイクで外出中に、思わぬ雨でヌレネズミ、なんてこともたまにあります。
春になって気温も上がると乗る機会が増えるので、濡れ鼠にならないよう注意しなくちゃですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*