「とばりがおりる」の「トバリ」とはどういう意味?漢字で「夜の帳が下りる」と記述するとの事。


ラジオを聞いているとちょっと気になる文言が耳に残りました。

「すっかりトバリもおりて…」
「とばりがおりる」。。

夜になる、暗くなる、といった意味なのかと思いますが、この「トバリ」とは一体どういう意味になるのでしょうか?
ちょっと気になったので早速調べてみました。

「とばりがおりる」とは、漢字で「帳が下りる」と記述して、「帳(とばり)」とは別名「垂れ絹/垂れ衣(たれぎぬ)」とも言って、現代で言うカーテンのようなもので、夜になると上から吊った布を下ろして目隠しや仕切りにしたのだそうです。よって「夜の帳が下りる」=「夜になる」との意味で使われているのだそうです。

なるほど、「帳(とばり)」=「カーテン」とのイメージだったのですね。
また一つ勉強になりました。
人生日々勉強ですね。