「とうがたつ」とはどういう意味?漢字で「薹が立つ」と記述するとの事。

ラジオを聞いていると、ちょっと気になる文言が耳に残りました。

「ちょっとトウがたっているのではないかと…」
「トウがたっている」。。

鉄塔(てっとう)などの、塔(とう)が立つ?でしょうか??
話の前後から、意味がつながりませんが、ほかの意味があるのでしょうか?

ちょっと気になったので早速調べてみました。

「とうがたつ」とは漢字で「薹が立つ」と記述して、時期が過ぎている、年がいっている、といった意味になるとの事。今回言うところの「薹(とう)」とは、フキノトウ、などと言われるように、花軸(かじく)、茎(くき)の部分を言うのだそうです。食べ頃の時期を過ぎてしまうと、硬くなってしまい食べられなくなるので、この事を本来、薹が立つ、といったのだそうです。これに由来して、良い時期を過ぎた人、年頃を過ぎてしまっている人、といった意味で人にも使われるようになったのだとか。多くは女性に対して使われ、婚期を過ぎている、年を取っている、との意味になる模様でした。

なるほど!「薹(とう)が立つ」とは初めて知りました。でも言われた方は傷ついてしまうのではと思いました。
またひとつ勉強になりました。人生日々勉強ですね。