「たらちね」とはどういう意味?漢字で「垂乳根」と記述するとの事。

ラジオで落語を聞いていると、ちょっと気になる語句が耳に残りました。

「本日の演目はたらちねで…」
「たらちね」。

どこかで聞いた事のある語句ですが、そもそもどういう意味になるのでしょうか?

ちょっと気になったので早速調べてみました。

「たらちね」とは漢字で「垂乳根」と記述して、母親、または父親、またはその両方の両親、を意味する語句になるとの事。和歌でうたられた事により言われるようになった語句で、和歌の頭につく枕詞(まくらことば)の「たらちねの…」とされた事に由来しているとの事。この歌が母親を指していたところから、母との意味になったのだとか。その後、母親の事を「たらちめ」、父親を「たらちね」「たらちを」と呼ぶようになったこともあり、また漢字で記述する「垂乳根」は当て字で、特に意味があるものではないとの事。

なるほど。「垂乳根」と記述すると、垂れた乳、とは何と失礼な、といったイメージがあって、そのように思われている方も多い模様ですが、そのような意味は含んでいない模様ですね。
またひとつ勉強になりました。