「そろばんずく」とはどういう意味?(算盤尽く)


ラジオを聴いていると、ちょっと気になる文言を耳にしました。

「まさにソロバンズクですねー。」
昔、とんねるずの映画でそのようなネーミングの映画か何かがあったと思いますが、果たしてどのような意味なのか。

ちょっとはっきりしなかったので調べてみました。

「そろばんずく」とは「算盤尽く」と漢字で書いて、意味としては「計算高い」「損得勘定でしか動かない」と言った意味になるとの事。「算盤(そろばん)」=「計算」という事で、「計算ずく」という言い方もありますよね。他にも「勘定ずく(かんじょうずく)」「金銭ずく(きんせんずく)」といった言い方もあるようでした。

資本主義の世の中ですから損得勘定で動かない訳ないのですが、それだけでとなるとちょっと寂しいですよね。
「やる事を確実にやればお金は後からついて来る」何てことも言いますが「背に腹は変えられない」というのも現実ですよね。
良い意味で「そろばんずく」になれれば、決して恥じることではないと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

コメントは承認待ちです。表示されるまでしばらく時間がかかるかもしれません。