「せいぜい」とはどういう意味?その語源は?本当は嫌味な意味ではないとの事。

Pocket

ラジオを聴いているとちょっと気になる文言が耳に残りました。

「まあまあせいぜい頑張ってくださーい。」
「せいぜい」。。

意味としては、期待はしてないけど出来るだけ頑張って、といった、皮肉を込めて使う語句かと思いますが、これって本当はどういう意味になるのでしょうか?

ちょっと気になったので早速調べてみました。

「せいぜい」とは漢字で「精々(精精)」と記述して、精一杯、できるだけ、といった意味で、本来は皮肉や嫌味がこもった文言ではないとの事。最近では皮肉がこもった意味で使われてしまう事が多いのでそのような意味を含むようになってしまったとの事。本来の良い意味で使用したのに皮肉と誤解されてしまった話も少なくないとの事。

ええ!本来は悪い意味では無かったのですね。。現在では嫌味なイメージが定着しているので、良い意味でも使わない方がベターですね。
なるほど、またひとつ勉強になりました。人生日々勉強ですね。