「さわさりながら」とはどういう意味?漢字で「然は然り乍ら」と記述するとの事。

ラジオを聞いているとちょっと気になる文言が耳に残りました。

「さわさりながら、この問題も…」
「ワハサリナガラ」。。。

なんとなくどこかで聞いてますが、これってどういう意味になるのでしょうか?それはそれとして、といったイメージかとは思いますが。
ちょっと気になったので早速調べてみました。

「さわさりながら」とは漢字で「然は然り乍ら」と記述して、意味としては、それはそうだが、といった意味になるとの事。なんでも古い言い方で、「さ」は「さり」ながら、との構成になる文言のようで、この「さ」とは、それ、との意味になるのだそうです。それ+は+そう+だけど、との作りになるのが理解できました。
ちなみにこの「さ」とは、さぞ寒かったでしょう、などと使われる「さぞ」の「さ」や、さもないと許さない、などと使われる「さもないと」の「さ」と同じ意味になるとの事。知らないうちに使っていた模様です。

調べてみて目から鱗の発見でした。
またひとつ勉強になりました。人生毎日が勉強ですね。