「さもしい」とはどういう意味?

新聞を読んでいるとちょっと見慣れない言いまわしに目が止まりました。

「大変さもしいと言える…」
「さもしい」??

前後の文章からなんとなく「みっともない」といった意味なのかとは想像できるのですが、理解が足りませんので早速調べてみました。

「さもしい」とは、あさましい、いやしい、見苦しい、みずぼらしい、といった意味なのだそうです。特に漢字での記述はないようです。おおよそイメージしていた意味と同じだったようです。
関連して語源なども調べたところ、そもそも「沙門(さもん)」という文言があるそうで、こちらはサンスクリット語で「僧侶(そうりょ)」を意味しているのだそうです。托鉢などに周るみすぼらしい僧侶の様子から由来しているという説が有力のようです。

たまに自分では気付いているのかいないのか分かりませんが、妙にガっついたり、自分さえ良ければ周りはどうでもいい、といった人がいますね。自分ではそうならないように心掛けてはいますが、ふとした所で自我が出てしまう瞬間があります。
器の大きな人間になれるよう、日々努力したいと思います。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*