「ご愁傷様」の使い方。


何度行っても慣れないものに「お葬式」があります。冠婚葬祭の中でも、明るい結婚式と違い、粛々と進行する儀式のそれぞれには常に緊張感を感じてしまいます。先日知り合いのお父様がお亡くなりになり、そのお通夜に参列したのですが、相手様にはなんとお声掛けすればいいのか??

ちょっと調べてみました。

まず香典を出すときの受付では、「この度はご愁傷様です。」と一言添え、親族様にお声掛けする機会がある場合は、「お悔み申し上げます。」などと気持ちを伝えるのが、ベターなようです。

普段あまり使わない言葉を、緊張感たっぷりの場面で使うのは、慣れないのもあって大変緊張しますが、一呼吸おいて、気持ち落ち着けて気持ちを伝えるよう、注意したいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

コメントは承認待ちです。表示されるまでしばらく時間がかかるかもしれません。