「ことなきをえる」とはどういう意味?(事なきを得る)

ラジオを聴いていると、ちょっと疑問に思う文言を耳にしました。

「旅行に出かけていて、ことなきをえた ようです。」
「ことなきをえた」。。

意味としては、災難から免れた、といったニュアンスなのかとは思うのですが、「ことなきをえる」ってどういう意味なのでしょうか?
ちょっと気になったので、改めて調べてみました。

「ことなきをえる」とは、「事なきを得る」と記述して、意味としては、何事もなかった、無事だった、と言う事との事。認識は間違っていないようでした。何事もなかった、と言う意味から前半の「事なき」と言うのが「何事も」にあてはまって、「なかった」と言うので、「(災難が)何も起こらなかった、事を手にした。」といったニュアンスになりますでしょうか。

トラブルに遭う、とは言いますが、安全を得る、という表現はあまり使いませんよね。
犯罪が少ない日本ですから、安全であるのが当たり前、という発想なので、トラブルが無い日常を得た、という言い回しがピンとこないのでしょうね。
日々事なきを得て、過ごしていければ幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

コメントは承認待ちです。表示されるまでしばらく時間がかかるかもしれません。