「こうちゃくじょうたい」とはどういう意味?漢字で「膠着状態」と記述するとの事。

ラジオを聞いていると、ちょっと気になる文言を耳にしました。

「両社ともコウチャクじょうたいが続いております…」
「こうちゃくじょうたい」。。

なんとなく、進展がない、といったイメージかとは思うのですが、そもそもこの「コウチャク状態」とはどういう意味になるのでしょうか?

ちょっと気になったので早速調べてみました。

「こうちゃくじょうたい」とは漢字で「膠着状態」と記述して、前半の「膠着(こうちゃく)」とは、物と物とがくっついて離れない、離れにくい状態、といった意味になるとの事。そこから、物事に変化がない事に対しても、膠着(こうちゃく)または、膠着状態(こうちゃくじょうたい)として使われているのだそうです。
膠着の前半の文字「膠(コウ)」とは、にかわ、とも読み、動物のゼラチン質などから抽出した接着剤の意味。後半の「着」着く(つく)として、接着剤がついて離れない、とのイメージになったのかと納得しました。

まだまだ理解の足りない日本語がたくさんあります。
人生毎日日々勉強ですね。

「膠着」とはなんて読む?どういう意味?