「こうきしゅくせい」とはどういう意味?漢字で「綱紀粛正」と記述するとの事。


ラジオを聞いているとちょっと気になる四字熟語が耳に残りました。

「言われていたコウキシュクセイも…」
「こうきしゅくせい」。。

なんとなく規律を正す、といったニュアンスかとは思うのですが。
ちょっと気になったので早速調べてみました。

「こうきしゅくせい」とは漢字で「綱紀粛正」と記述して、乱れている規律を正す、といった意味になるのだそうです。前半の「綱紀(こうき)」とは、太い綱と細い綱、との意味で、国を治める大きな決まりと小さな決まり、といった意味になるのだそうです。後半の「粛正(しゅくせい)」とは、厳しく正す、といった意味になるとの事。合わせて、国家の規律や、政治家、役人などの態度を厳しく正す、といった意味になるのだそうです。国家や政治家に限定して、一般の人に使われる語句ではないのですね。
関連して中国や北朝鮮のニュースで耳にする「しゅくせい」とは「粛清」と記述して、排除する、といった意味になるのだそうです。こちらはちょっと怖いですね。

なるほど、そういった意味になるのですね。またひとつ勉強になりました。