「きにたけをつぐ」とはどういう意味?漢字で「木に竹を接ぐ」と記述するとの事。

ラジオを聞いていると、ちょっと気になる語句が耳に残りました。

「きにたけをついだような内容で…」
「きにたけをついだ」。。。

まったく意味が分かりませんが、これってどういう意味になるのでしょうか?

ちょっと気になったので早速調べてみました。

「きにたけをつぐ」とは漢字で「木に竹を接ぐ」と記述して、調和できない、ちぐはぐ、釣り合わない、といった意味になるとの事。木に竹を接ぎ木してもうまくいかない、といった事から、不自然、そろっていない、調和していない、といった意味で使われる慣用句になるのだそうです。
省略して、木に竹、といわれるケースもあるとの事。

なるほど。統一されていない、まとまっていない、といった意味合いで使われていたのかと納得しました。
またひとつ勉強になりました。人生毎日勉強です。