「ききとして」とは「危機として」ではない?意味は?(喜々として)

ラジオを聴いているとちょっと気になる言葉がありました。

「ききとして…」

これまで「危機として…」だと思っていたのですが、前後の文脈からどうやら認識が間違っているようなのです。

ちょっと調べてみました。

「ききとして」は、「喜々として」と書いて、意味は大変喜ぶ、大いに喜びながら何かを行う、と言った意味になるのだそうです。これまでは、青い顔で危機感を感じつつ何かをする事だと思っていたので、全く意味が違っていましたね。調べておいて良かったです。

人生「喜々として」行う事が多い方が幸せですよね。
幸せに人生を送れるよう努力します。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*