「かくちょう高い」とはどうに書く?またどういう意味?

ラジオを聞いていると、ちょっとした文言が気になりました。

「それは大変カクチョウ高いご様子のもので…」
「かくちょう高い」。。

なんとなく、立派な、ゴージャスな、といったイメージがありますが、本当はどういう事なのでしょうか?
また漢字ではどのように書くのでしょうか?

ちょっと気になったので早速調べてみました。

「かくちょう高い」とは「格調高い」と記述して、まず「格調」とは、そもそも詩や文章、演説などで構成される文章の品格を指していて、文章の品格が高い=格調高い、といった意味になるのだそうです。そこから派生して現在では文章や演説などに限らず、品格が高い、気品に満ちている、といった意味で、様々なケースで使われているのだとか。

イメージしていた、立派、豪華、といったイメージとは若干違ったようです。
上記の意味も含まれるかもしれませんが、「品格」がポイントになる様ですね。

自分も歳を重ねるごとに、格調高い人間に近づければと思います。
人生日々努力ですね、本日もまたひとつ勉強になりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

コメントは承認待ちです。表示されるまでしばらく時間がかかるかもしれません。