「うるう年」の「うるう」とはどういう意味?(閏年)

本日は2月29日。平年よりも一日多いうるう年だったんですね。
ふと思いましたが、この「うるう年」の「うるう」ってどういう意味なのでしょうか?

ちょっと気になったので知らべてみました。

「うるう」とは「閏」と記述して、さんずいが付いた「潤う(うるおう)」の字の読みから由来して「うるう」と読まれているようですが、意味としては全くの別物で「閏」の文字だけで「平年より月日の多い年」という意味で「閏年」の為の語句のようです。

一般的に使われているのは4年に一度巡ってくる一年の日数が366日になる「閏年(うるうどし)」。その当日、2月29日を「閏日(うるうび)」と呼ぶのも改めて確認しました。また明治時代まで使われていた太陰太陽暦では「閏月」と月自体が増える計算だったのだそうです。また暦とは離れますが、原子時計と太陽時計の調節をする為の「閏時間(うるうじかん)」「閏秒(うるうびょう)」と言うのもあるそうです。

またうるう年について補足すると、外国にももちろん「うるう年」はあり、現在の西暦(グレゴリオ暦)を使用している国では世界各国どこでもあります。ちなみに英語では「leap year」「intercalary year」と言われるとの事です。
更に閏年について詳しく調べてみると、グレゴリオ暦(太陽暦)は、400年間の日数を平均すると365.2425日あるのだそうです。本来は365日+アルファなところを調整する日がうるう年、うるう日、なんですね。更に厳密に言うと400年間で97回うるう年になる計算になるようなので、「四年に一度」という解釈は微妙に違うようです。

私はウィークエンドに比較的飲食過多になることが多いので、開けて平日は若干食事を少なめにしてバランスを調整することが多いです。「閏飯(うるうめし)、閏食事(うるうしょくじ)」とでも言いましょうか。
しかしよく考えると閏年はプラスして調整する訳だから、ちょっとニュアンスが違うかな。
でもまぁ「調整」という意味では同じなので細かいところは見逃してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

コメントは承認待ちです。表示されるまでしばらく時間がかかるかもしれません。