「いきうまのめをぬく」とはどういう意味?漢字で「生き馬の目を抜く」と記述するとの事。

ラジオを聞いていると、ちょっと気になることわざを耳にしました。

「本当にいきうまのめをぬくような所作で…」
「イキウマノメヲヌク」。。

「生き馬の目を抜く」ですよね?聞いた事がありますが、これってどういう意味になりましたっけ?
ちょっとハッキリしなかったので早速調べてみました。

「いきうまのめをぬく」とは漢字で「生き馬の目を抜く」と記述して、素早く行動する、油断も隙もない、他人を出し抜く、といった意味で使われるとの事。由来としてはそのままの意味で、生きている馬の目を抜き取るほど素早く行動する、といったイメージになるのだそうです。
他にも同様の意味で、「生き馬の目を抉る(くじる)」、「生き牛の目を抉る(くじる)」、とも言われるとの事。「抉る(くじる)」とはなかなか見聞きしませんが、「抉る」とは他に「えぐる」と読むのだそうです。生き牛の目をえぐる、でしたね。。想像するだけで痛々しいです。。

なるほど。素早いとのイメージはありましたが、出し抜く、油断も隙もない、と、あまりよろしくない意味も含んだことわざだったのですね。
またひとつ勉強になりました。人生毎日が勉強ですね。