「あっぱれ」とはどういう意味?漢字で「天晴れ」と記述するとの事。

ラジオを聞いていると、ちょっと気になる文言を耳にしました。

「まさにアッパレな技で…」
「あっぱれ」。。

時代劇でお殿様が「あっぱれじゃ!」などと使うイメージで馴染みのある語句ですが、そもそもこの「アッパレ」とはどういう意味になるのでしょうか?
ちょっと気になったので早速調べてみました。

「あっぱれ」とは漢字で「天晴 / 天晴れ」と記述して、語源としては、「ああ」「あは」と、心動いて発していた古い語句に由来しているとの事。漢字で記述されるのは当て字で、良い意味で「ああ」と感動する意味で使われていた語句がこちらの「あっぱれ(天晴)」になり、落胆する悲しい意味で「ああ」と言われた語句が「哀れ(あわれ)」と言われるようになったのだとか。つまり、「天晴(あっぱれ)」と「哀れ(あわれ)」の語源は同じ語句になるのだそうです。

なるほど。正反対の意味になりますが元は同じ語句だったのですね。また当て字だったとは知りませんでした。
まだまだ理解の足りない日本語がたくさんあります。人生日々勉強です。