「あこぎ(阿漕)」とはどういう意味?

あまり良い意味でない表現で「アコギな人」と、言うことがありますよね。私いつも「アコースティックギター」を省略した「アコギ」を想像してしまいますが、全然違いますよね。良く理解していなかったのでちょっと調べてみました。

「あこぎ」とは「阿漕」と記載して、三重県津市の「阿漕ヶ浦(あこぎがうら)」と言う地区から由来しているのだそうです。そもそもその地区の海は、伊勢神宮に備える為の漁のみ行う禁漁区だったらしいのですが、ある強欲な漁師が何度もその決まりを破って密漁を繰り返していたことから、「しつこい」というニュアンスの表現として、「阿漕な人」「阿漕な奴だ」と、使われるようになったようです。

昔と今とではその意味も少々違いがあるようですが、基本的には「しつこく」「ずうずうしい」事に対して使うようです。また「あくどい」事や「無慈悲」な商売や仕事に対して、「阿漕な商売」などとも使われていますね。

ちなみに現在では、「三重県津市阿漕浦(あこぎうら)」と少々地名が変化しているようで、海水浴場や海浜公園などもあるプレイスポットになっているようです。

もし「アコーステックギター」を押し売りしている人がいたら、「阿漕なアコギ売り」となりますね。そういった商売に引っかからないように注意したいと思います。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*